悲劇のヒロインを、自画自賛

今年の7月のこと。

この時期に収入申告をしています。
市の団地に住んでいるので、家賃査定のためです。
心の癒しすと、小林美由起です。

母子家庭・低所得者・市民税非課税世帯の17年間。
数年前から障害者扶養の控除もありました。
で、去年、扶養なしで仕事をして、初めて所得税を払い、
先日は、20年近く非課税だった市民税を支払いました。

母子家庭・低所得・市民税非課税・・・・
これ、
私のトレードマークみたいに思っていた部分があります。

私は貧乏!
所得が低い!でも、やりくり上手だから生活には困らない。
ずっとそういう自分を持ち続けて、そうあり続けていたのね。

って・・・何の自慢?(笑)

もちろん、爪に火をともす的な、節約と倹約や工夫、
惣菜を買わずに、手作りの食事をするとかね、
本当に、今だから言うけど、頑張ってた。努力してた。

私を助けてくれる親はいないし、
別れた旦那から養育費はもらえないし・・・
って、ひがみながら、拗ねながら。

お金がないから、養育費を支払えない旦那に対して、
私の父のせいで、旦那は傷ついた。
訴えられても文句は言えない立場だから、
だから、私は旦那からお金を受け取れないんだという、
自分なりの正当な理由を持ってた。
相手のせいではなくて、自分がこうだから受け取れないって。

父が、包丁で旦那を斬り付けたことがあったので・・・

大変な人生を生きている私は、頑張っていて、
それでも、いつも明るく笑っていて、立派。
偉い、偉い、すごいわーって、自画自賛。

可愛かったなww ← ようやく気づいたのよ。やっと。

これからは、別の方向で自画自賛するわww

収入申告も、今回が最後。
来年の家賃査定のための深刻なんだけど、
来月には、引っ越すからw

あなたは、楽しく自画自賛していますか?

こんな風に、自分を認め許せるようになったのは、
自分をいたわり、慰めることができたから。
心のブロックを、外すってこういう事なんです。

本当にすごい変化が現れるのよ。