【おじとの約束】

ゆびきりげんまん、嘘ついたら
針千本の〜〜ます!指切った!

約束、守れなかったこともありますが、
針千本を飲まされたことは、なかったわ。

おはようございます。
心の癒しすと、小林美由起です。
今日って、七夕ですね。
珍しく、今夜は晴れて星が見えるのかな?

私の幼い頃の育ての親のおじさん。
今年1月の誕生日に急に亡くなって、
半年が過ぎました。まだ、ピンと来ない。

ひとり暮らしのおじは、生前から、
「孤独死だけはイヤだ」
「葬式はいらない。散骨してくれ」と、
常に、私に言っていました。

それは、私へ負担を掛けたくないと言う、
おじの優しさが込められていたのだと思います。

特別養護老人ホームに入居して2ヶ月足らずで、
突然の事でしたが、施設の方々がいて下さり、
救急車を呼んで病院まで連れて行っていただいて、
その時、おじは、ひとりぼっちではなかった。

遺骨は、私が持ち帰り、手元供養しています。
仏壇も位牌もないんですけどね(笑)

空くんが、散骨の手配をしてくれました。
今日、業者の方が遺骨を迎えに来ます。
粉骨後、改めて散骨をします。
船をチャーターして、おじが大好きだった、
平和島競艇の近い東京湾ね!

おじちゃん、約束、守るからね!

どんな七夕をお過ごしですか?
自分との約束、守っていますか?
今日も、よろしくお願いします。